研究メンバー MEMBERS

  1. HOME>
  2. 研究メンバ>
  3. 藤崎英一郎

藤崎英一郎

藤崎 英一郎

所 属:
データセキュリティプロジェクト 
セキュリティ基盤研究G
役 職:
主任研究員

入社以来、暗号・情報セキュリティ技術の研究開発に従事し、特に、暗号、認証、ゼロ知識証明などの基礎理論と応用技術に携わって来ました。

専門研究領域
専門研究領域
  • 暗号

経 歴

1991 日本電信電話株式会社入社
1991 同,情報通信処理研究所配属
1991 同,情報通信網研究所
1994 同,情報通信研究所
1999 同,情報流通プラットフォーム研究所
2012 同,セキュアプラットフォーム研究所

1998.12-1999.6 カリフォルニア大学デービス校 客員研究員
1999.7 -2000.6 スタンフォード大学 客員研究員
2002 後期 東京工業大学 非常勤講師
2003 後期 東京工業大学 非常勤講師
2005 後期 東京工業大学 非常勤講師
2007 前期 東京工業大学 非常勤講師
2010 前期 東京工業大学 非常勤講師

受賞歴

1993 (平成 5年) 信学会学術奨励賞
2000 (平成12年) 日経BP技術賞「安全性を数学的に証明しただ円曲線暗号PSEC」

著書・論文

  • 『Secure integration of asymmetric and symmetric encryption schemes』(E.Fujisaki and T. Okamoto, Journal of Cryptology, DOI: 10.1007/s00145-011-9114-1 )
  • 『Sub-Linear Size Traceable Ring Signatures without Random Oracles』(E.Fujisaki, IEICE Trans. Of Found. Vol. E95-A(1), 2012)
  • 『Security of ESIGN-PSS』(T.Kobayashi and E. Fujisaki, IEICE Trans. Of Fund. Vol.E90-A(7):1395--1405, July 2007)
  • 『RSA-OAEP is Secure under the RSA Assumption』(E.Fujisaki, T. Okamoto, D. Pointcheval, and J. Stern, Journal of Cryptology, Springer-Verlag, 17(4): 81--104, 2004)
  • 『A statistically-hiding integer commitment scheme based on groups with hidden order』(I. Damgaard, and E. Fujisaki, ASIACRYPT 2002, volume of Lecture Notes in Computer Science, pages .125--142. Springer-Verlag, 2002)
  • 『Statistical zero-knowledge protocols to prove modular polynomial relations』(E.Fujisaki and T. Okamoto, IEICE Trans. Of Fund. Vol. E82-A(1):81--92, January 1999)
PAGE TOP