用語集 KEYWORDS

  1. HOME>
  2. 用語集>
  3. 新世代暗号方式

新世代暗号方式
( New-generation encryption method )

用語

読 み

しんせだいあんごうほうしき

研究領域

暗号

クラウドコンピューティングの普及に向けた課題とされてきた、セキュリティ上の問題解決の切り札となることが期待される暗号方式。この暗号方式は、暗号‐復号のメカニズムの中に高度なロジック(論理)を組み込むことが可能な、全く新しいインテリジェント暗号(「賢い」暗号)です。この暗号方式を用いることで、機密性の高い情報を暗号化したままクラウドで利用することができ、従来クラウド利用が困難とされてきた多くの分野への応用が可能です。この暗号方式の詳細は、2010年8月に米国で開催された国際暗号学会「CRYPTO 2010」にて発表しています。


Security problems are considered to be the main hurdle impeding widespread use of cloud computing. Okamoto Special Laboratory is developing a next-generation encryption method, which is expected to serve as a trump card in solving these problems. It is an entirely new intelligent encryption, which can incorporate sophisticated logic in the encryption/decryption mechanism. This makes it possible to use a cloud by sending confidential information to it while keeping the information encrypted. Therefore, clouds can be used by various applications that have conventionally been considered to be unsuitable for cloud processing. The details of this encryption method were presented at CRYPTO 2011, a conference of the International Association for Cryptologic Research, held in the U.S. A. in August 2010.

関連プロジェクト

PAGE TOP